のがらぼが映画についてウダウダ書いています。
<< 『県庁の星』 | main | 『ヴィレッジ』 >>
0
    『僕の彼女はサイボーグ』
    boku_cy.jpg
    製作年:2008年
    監督:クァク・ジェヨン
    脚本:クァク・ジェヨン
    出演:綾瀬はるか、小出恵介、桐谷健太、 田口浩正、吉高由里子、遠藤憲一、小日向文世、竹中直人、吉行和子


    猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』に続く『彼女』シリーズ第3弾である『僕の彼女はサイボーグ』を観た。
    前2作のキャストは韓国スターであったが、マンネリ化を防ぐためか、今回は日本人キャストを抜擢し、さらに日本での撮影を敢行したとのことである。

    主演は綾瀬はるかと小出恵介である。

    この映画、どちらかと言えばポスターの綾瀬はるかに魅かれて観た。
    まぁ、タイトルからしてSF映画だとは知っていたので、作品的な期待度はちょっとというかかなり低かった。
    まぁ、未来から、という時点でタイムパラドックスが発生するのは目に見えているし、それをどうツジツマを合わせるのかの手腕が問われる作品だ。
    やっぱり、ツジツマを合わせるのはちょっと強引さがあるし、展開の豪快さも物凄い。
    おそらく、日本人監督ではできないような展開だと思う。
    そういった意味では、評価に値するし、綾瀬はるかのコスプレ姿も見ることができるので、ファンならば観て損はないだろう。
    ちなみに、私は綾瀬はるかのファンでもなんでもないんだけどね。
    ただ、テレビドラマの『ホタルノヒカリ』の綾瀬はるかはよかった。(笑)

    猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 僕の彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉
    | のがらぼ | 邦画 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://cinelog.nogalab.com/trackback/100
    『僕の彼女はサイボーグ』'08・日
    PING: あらすじひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。寂しい大学生ジローの前に、突然キュートな“彼女"が現れ・・・。感想『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』に続...
    | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2011/01/20 10:11 PM |
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    このページの先頭へ