のがらぼが映画についてウダウダ書いています。
<< 『恐怖の人喰い魚群』 | main | 『Mr.&Mrs.スミス』 >>
0
    『ダークナイト』
    the_dark_knight_s.jpg
    原題:THE DARK KNIGHT
    製作年:2008年
    監督:クリストファー・ノーラン
    脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン
    製作:チャールズ・ローブン、エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
    音楽:ハンス・ジマー
    出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン

    全米では『タイタニック』の興行収入を抜くのではないか?と言われているほどの熱狂ぶりであるバットマンの新作『ダークナイト』を観た。
    観に行った理由は、「それほどの作品ならば映画館で観るべきだろう」と踏んでのことだ。

    バットマン・シリーズはティム・バートンの流れを組む非現実世界的なタッチのものと、このクリストファー・ノーランのやたらリアリティに凝ったタッチの2系統が存在する。
    ティム・バートンはバットマンをスクリーンに見事咲かせた手腕を買うが、その後を継いだジョエル・シュマッカーはどちらかと言えば、能天気路線を突っ走った感がある。
    個人的には片手間に観ることができるほどの作品なので、嫌いではないのだが、せっかくのバットマンという題材を生かしきれていなかった。
    そこへ、『バットマン・ビギンズ』でバットマンに新しい息吹を与えたのがクリストファー・ノーランだ。
    私自身も全てのバットマンシリーズの中でも最高だと思ったほどだ。
    で、今回はその『バットマン・ビギンズ』の続編である。
    それも2008年1月に急逝したヒース・レジャー扮する宿敵ジョーカーとのストーリーがメインだ。

    本編は152分という稀にみる長さの映画となっている。
    しかし、いったん本編が始まってしまうと、時間の長さなど一切気にならないくらいテンポよく進んでいく。
    クリストファー・ノーラン監督の手腕によるところだろう。
    今作は、オープニングからヒース・レジャー扮するジョーカーがいきなり観客の心を鷲掴みにする。
    徹底的な悪だ。
    自分の心ままに行動する悪だ。
    しかし、邪悪ではなく、純ぜんたる悪だ。
    邪魔なものは消す、ただ自分が楽しむためだけに。
    しかし、それだけではジョーカーにはなり得ない。
    そう、バットマンがいてこそ、ジョーカーは単なる強盗殺人ではなく最凶の悪党になれるのである。
    普通は明と暗、陰と陽、といった比較になるが、バットマンの世界ではどちらも闇なのである。
    そこで陽となるのがアーロン・エッカート扮するハービー・デントである。
    しかし、彼もまたジョーカーにより別の選択を迫られることになるのだが...。
    batpod.jpg
    TM & (C) DC Comics (C) 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

    前作に続いて思ったのは、この『ダークナイト』も夜のシーンだけではなく、昼間のシーンもやたら多い。
    もちろん、バットマンが出てくるのは夜が圧倒的に多いが、作品的にはそういうイメージが強い。
    また、ティム・バートンの流れを汲むバットマン・シリーズはセットの度合が強かったがクリストファー・ノーランのバットマンはロケが多い。
    このため、やたらとリアルに感じられるのである。
    ゴッサムシティと名前は架空であるが、実在してもおかしくない雰囲気なのである。

    そのリアルな世界に舞い降りる最凶の男ジョーカー。
    はっきり言って、実在すると怖い。
    鬼気迫る演技である。
    ブラックレイン』の松田優作を思い出してしまう。
    この鬼気迫る演技をみせるヒース・レジャーを観に行くだけでも一見の価値はあるだろう。
    はっきり言って、バットマンよりもジョーカーから目が離せない。
    それくらいインパクトがあるのだ。
    是非とも、劇場に足を運んで観てもらいたい。

    それほどのインパクトを残したヒース・レジャーも2008年1月に急逝した。
    このジョーカーをやり遂げたことで、役者としては一皮も二皮もむけて、もっとすごい役者になっただろうに...。
    今は亡き、ヒース・レジャーのご冥福を心より願いたい。

    ところで、勢いは確かにすごいらしいのだが日本では『タイタニック』を抜くことはできないだろう。
    というのも、なんだかんだ言ってこの手の作品は観客を選ぶからである。
     

    THE DARK KNIGHTバットマン バットマン リターンズ バットマン フォーエバー バットマン&ロビン〜Mr.フリーズの逆襲!!〜 バットマン ビギンズ (Blu-ray Disc) バットマン ゴッサムナイト (Blu-ray Disc)

    | のがらぼ | 洋画 | 02:36 | comments(0) | trackbacks(4) | - | - |









    http://cinelog.nogalab.com/trackback/116
    「ダークナイト」(The Dark Knight)
    実験映画風なタッチで鬼面人を驚かせた「メメント」や「インソムニア」「プレステージ」などの作品で知られる英国出身の映画作家、クリストファー・ノーランが200...
    | シネマ・ワンダーランド | 2009/03/04 9:38 PM |
    『ダークナイト』
    ブログつながりの皆さんにはまだ観ていないってことがとっても意外だったみたいなんですが、ここまで観ずに過ごしてしまっていたバットマン最新作『ダークナイト』を...
    | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/10/05 11:50 PM |
    【2008-185】ダークナイト
    人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る
    | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/08/29 11:48 PM |
    「ダークナイト」コレは、凄いわ!
    PING:  クリストファー・ノーラン監督による、“バットマン・シリーズ第2弾”「ダークナイト」(ワーナー・ブラザース)。『アメリカでの興行成績が、トンでもないこ...
    | シネマ親父の“日々是妄言” | 2008/08/22 10:50 AM |
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    このページの先頭へ