のがらぼが映画についてウダウダ書いています。
<< 『ミニミニ大作戦』 | main | 『カーズ』 >>
0
    『タイムマシン』
    タイムマシン 特別版
    原題:THE TIME MACHINE
    製作年:2002年
    監督:サイモン・ウェルズ
    製作総指揮:アーノルド・レイボヴィット、ローリー・マクドナルド、ジョーグ・サラレグイ
    脚本:ジョン・ローガン
    出演:ガイ・ピアース、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、オーランド・ジョーンズ、サマンサ・マンバ、マーク・アディ


    超有名なH.G.ウェルズ原作小説の『タイム・マシン』の映画化、それもリメイクである。
    さらにこの映画の監督はその原作者であるH.G.ウェルズのひ孫であるサイモン・ウェルズという。
    まさに『タイム・マシン』を地でいく感じだ。

    私自身、原作は読んでいないのだが、どうやら原作小説とは若干異なるらしい。
    さらに、結末は全く別物だとか。
    まぁ、映画を観ている訳だから、原作がどうのということは置いといて、純粋に作品としての感想を述べる。
    なぜタイムマシンを作らなければならなかったのか、という設定はうまく描かれており、未来へ進むくだりもよくわかる。
    しかし、どういう理論と技術でタイムマシンが作られたのかは語られていない。
    個人的にはすごく気になるところなのだが...そんなところは映画としてはどうでもいいらしい。(笑)

    タイムトラベルのシーンなどふんだんに特撮、CGが使われており、「おおっ!」と思う。
    ストーリー展開のテンポもよく、観る分には飽きさせない。
    80万年後の世界がどういうものか、ちょっと『猿の惑星』を彷彿させるような気もするが、恐竜が滅亡したことを考えると別段不思議な話でもない感じだ。
    なのでSFなんだけれども、SFチックでもなかったりする。

    最終的に過去を変えることができない理由だが、「その過去がなりたたないと主人公がタイムマシンを作ろうと考えないからだ」といういわゆるタイムパラドックス的な結論で、まぁ釈然としない。
    まぁ、タイムトラベルものにはありがちな話なので、ここをつついても仕方がなかろう。

    ちなみに、ガイ・ピアースはワイルドな風貌の方が格好よかったりするのだ。(笑)
    とりあえず、テンポがいいので観たことない人にはいい映画だと思う。


    | のがらぼ | 洋画 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://cinelog.nogalab.com/trackback/87
    タイムマシン
    PING: テレビで放映されていたのを見ました。「タイムスリップ」ものって、わりとよく見かける題材ですが、これは想像していたのとは全然違う方向へ話が向っていったので、...
    | Yuhiの読書日記+α | 2008/04/19 12:10 AM |
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    このページの先頭へ